労働者の健康管理をする人

どんな職場でも、自分の健康を管理することは大事だと思います。
しかし中には、いつ労働災害が起こるなんて、自分で予測することはできませんよね?
特に体を動かす仕事は、何が起こるか分かりませんし、デスクワークであっても、いつ風邪などの感染症が流行るかなんて分からないと思います。

そういった災害をまだ起こってない状態を保って防ぐ為に、とても必要なのは衛生管理者になります。
衛生管理者とは、職場にいる人達を労働災害から離れさす為に、定期的に職場や病院などで健康診断を実施したりできるそうです。
他にも職場の照明が暗すぎてないか、反対に明るすぎないかなどもチェックしますし、換気なども調べて職場環境のチェックなども行ってくれるそうです。
この衛生管理者は、常に従業員が50人以上いる会社や企業などは、一人置くことを義務付けられてるそうです。
これは衛生管理者が最も関わる、労働安全衛生法により、そういった義務があるそうです。
しかし衛生管理者の資格を持ってる人が少ないことから、未選任のところが多いそうで、これから資格を取ろうと思ってるならこれの試験勉強を行うことをオススメします。

試験資格も、そこまで厳しいものがないですし、試験を受験することに年齢制限などもありません。
ですから定年退職をしても、この資格を持っていれば、定職に付ける可能性が高いので、興味があるのであれば、試験を受けてみるのをオススメします。
特に難しいと言われることもないそうなので、これから将来の為に資格を取ろうと思ってるなら、この資格は将来性のある資格になると思います。

OUT LINK

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし